猫背と重心線

2019-10-01 06.30.08

 

 

2019年10月1日火曜日、月初だからこそ尚更いつも以上に凡事徹底、早朝サイクリングからスタートは自身の軸を正す為

 

 

 

姿勢をきちんとして仕事も人生も向き合うと楽しい事にしかならない、精神論に聞こえるかもしれないが実に体験から信じている

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

姿勢と言えば先日も書いたが肉体的にも精神的にも大切な部分、コスモスの咲き乱れる中今日のテーマを考えながら帰路に付く

 

 

 

姿勢に付きいつも術前後比較画像を見ながら来院者さまへのご説明する際、重心位置と絡めデメリットをお伝えするが今一度ピンと来られない浮かないお顔をされる

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そこで今日は分かり切った事かも知れない事、重心位置・姿勢変化と痛みの出方についてマンガにて分かりやすく表現して見た

 

 

 

 

 

 

|猫背と重心線

 

 

3つ画像があるが上から横向きでの正常な重心位置、2つ目が横から3番目が前から見た猫背となる(下図)

 

 

 

重心線は横から見ると外耳孔 肩関節 胸郭 背腹部 大腿骨大転子 膝関節の中心、そして外顆(外くるぶし)のやや前方を通ると言われる、今回は外顆の位置を重心線に合わせ姿勢の崩れを観察した

 

 

2019-09-30 17.15.30-1

 

 

発症順序は様々だと思うが裏腿(大腿二頭筋 半腱腰筋)過緊張にて骨盤後傾を矢印の様に後傾促す、骨盤後傾位では多裂筋が弱くなり(抑制)骨盤前傾を保てない、骨盤後傾になると拮抗する前腿(大腿四頭筋)は引っ張られ固くなり遠心性に緊張する

 

 

 

骨盤後傾は上体の前屈を促しそれをカバーする為に背部筋が過作用、常に作用しっ放しの背筋はやがて疲労ピークに達し捻挫等、ぎっくりと来て腰痛の元や筋組織中にある栄養血管や神経を圧迫、痛みと回復の遅延を起こしてしまう

 

 

IMG_3406

 

 

そして猫背は前から見た図の様に肩関節を体幹へ巻き込んだ姿勢を作る、その事で肩甲骨の動きを抑制し腕の挙がり具合など抑制、筋組織などの活動も阻害して肩こりや五十肩の原因にもなりやすい

 

 

 

なので来院された際には良くこの姿勢位置に付いてこだわる、そんな理由を少しご理解いただけたらと思う、そして姿勢の変化は筋力低下も良く言われるが関節の動き低下が良く見られる、なのでストレッチをするだけで変わる症状も多くある


逆腹筋動作で分かる事

R0023850

 

 

今日は天気も下り坂だろうか、携帯でウエザーニュースを見たら曇り時々雨

 

 

 

こうしながら時は流れ季節は秋深まって行くのだろう、段々と切れ目なく移り変わる変化は大切である、もしこれが急に冬になるとヒトの順応力もついて行けない

 

 

R0023856

 

 

順応しなくなると言えば良く知られるのがヒトは加齢すると温度感覚が鈍る、例えばお年寄りが真夏にクーラーを必要と感じないなどだ

 

 

 

もちろん関節にも順応性が無くなると動きが鈍くなり「身体が硬い」と感じる、そうなると痛みになるのである

 

 

 

 

 

 

 

|逆腹筋

 

 

腹筋と言えばいつも手を後ろ頭で組んで「ふん」とお腹に力を入れる、そのお腹周りや胸ほか頸部前面等の筋肉を使い起き上がる

 

 

 

しかしながらその逆もありで大切な機能低下を見極める事が可能である、なのでその事に付いて今日は書いて見る

 

 

2019-09-27 07.41.38

 

 

と言う事で背骨の動きについて書く、脊柱は24椎骨の椎体が並び頚椎7胸椎12腰椎5の構成(仙骨 尾骨は別)、その部分が適切に各々本来の動きをしなければならない(上図)

 

 

 

機能低下を起こすと滑らかな動きが出来ない、その事で他の部位に代償をさせたり筋出力低下にも繋がる、その評価方法は下図にある逆腹筋で両脚を床面へ下ろす際に滑らかかつゆっくりと下せるかどうか分かる

 

 

2019-09-27 06.08.06

 

 

おおよその椎骨機能低下を見極めたら最終的に動きが低下している部分を他検査で確定、弛緩し動きを取り戻す事になる、または過緊張ほか理由で遠心性収縮(出力しながら伸びる)機能低下にてゆっくり両脚を降ろす事が出来ない場合もトレーニングなど改善へ繋げる

 

 

 

そこは私達セラピストの仕事になるのであるが、おおよその身体機能をご自身で把握されるのも意味があると考える


骨盤が前傾過剰

2019-09-25 05.41.45-1

 

 

明星とまでは言えないがの空へきらびやかな月を仰いだ、25日水曜日の朝は快晴からのスタート

 

 

 

彼岸も過ぎたら本当に早朝は寒ささえ感じる、もう半袖やサンダルでのサイクリングの季節は終焉を迎えた

 

 

2019-09-25 06.11.06 HDR-1

 

 

昨日スローパンクしたのだろうか?乗りだしの際に後ろタイヤがぺちゃんこ、臨時的にミニベロを持ち出し走った、その原因を探るとフレンチバルブなので虫ゴムと言う表現なのか?緩んで抜けていた

 

 

 

元々中古チューブの使い回しで、新品は予備の為持ち歩き様にパッケージしてツールボックスへ常備している、現役のチューブは中古で充分なのである

 

 

 

 

 

|骨盤前傾過剰

 

 

2019-09-25 08.23.13-1

 

 

パンク修理と言えば・・・連休中私の腰もメンテナンス、若干の違和感と痛みは残存するものの急な動作からの不安感消失、股関節他ストレッチをさぼった代償は大きい

 

 

 

多裂筋が緊張した上で更に大腿四頭筋も自転車で酷使すれば、前腿が緊張からの骨盤前傾傾向+多裂筋で腰椎過伸展=腰椎前彎過剰、横方向(矢状面)外くるぶしから(外顆)垂線を引き見た時、体幹他上肢の重心位置が変化を伴うのが分かる(上図)

 

 

 

実の所昨日の来院者様がこんな姿勢変化だった、ちなみに右腰痛、膝の痛みである


自身の腰痛メンテナンス

2019-09-21 11.53.33-1

 

 

秋分の日に疲れが来たのか・・元々私は腰痛持ち、その中でストレッチなどの柔軟性維持などの努力を怠ると痛みを覚える

 

 

 

 

 

症状は仰臥位になっての起き上がりや方向転換時の痛み

 

 

1)仰向けに寝ていて違和感

 

2)腹筋動作がし難い

 

 

 

 

 

|可動域とその他の確認

 

1)うつ伏せ(腹臥位)で膝が折れお尻に付かない(特に左)→大腿四頭筋過緊張、さらにハムストを介し腓腹筋過緊張からの足関節背屈制限(下図)

 

2019-09-24 07.49.57

※多裂筋ー大臀筋ー大腿二頭筋ー腓腹筋ーアキレス

 

2)仰向けで股関節を曲げにくい(特に左)→大腿二頭筋過緊張、殿筋過緊張(特に上部繊維)

 

2019-09-24 07.47.23

 

3)体幹を左に捻じると痛みが増す(対側回旋の左多裂筋が遠心性収縮で縮みながら伸びる動作困難)

 

4)3から左多裂筋過緊張を疑い(仙骨上 S1からL5)にしこりと圧迫痛、多裂筋と殿筋は筋膜を介して連結し影響する(2の症状にも関与)

 

 

 

 

これらの機能低下を改善しVAS6→2、これで明日は自転車に乗り痛みの確認をしたい


はっきりしない膝痛

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

今朝ミニベロスタート、目が醒める様な黄色が気分まで上げてくれる

 

 

 

週末から連休に掛けて大型の台風が日本海を抜けるらしい、しかし今朝は月の陰りも朝焼けも問題無い、と言うのも襲来の際には赤黒く濁った空になり月が回りの傘を被る

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

しかも気温もかなり下がり今朝は16℃位ではなかろうか、とても過ごしやすく彼岸の入りが近付く故か?気温も一気に下がるか、そうなれば日本近海では台風も大きくなり難い筈

 

 

 

気温低下と言えば流石にサンダルは寒くなって来た、久しぶりにSPDシューズに履き替える

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

サンダルとは違い背側を布で支える面積も広い、安定して包まれた感が半端ない・・久しぶりな感覚を楽しむ

 

 

 

足と言えば昨日も膝が重だるく痛みもある来院者さまに出会った

 

 

 

 

 

 

|はっきりしない膝痛

 

 

膝の痛みと言えばランナーズニー(腸徑靭帯炎)や鵞足炎など、局所にはっきりとした痛みが出るまたはそうで無く抽象的な痛みや倦怠感を感じる事もある

 

 

 

そんな時気になる事を備忘録を兼ねて下記事項に書く

 

 

1)大腿四頭筋の収縮や緊張に伴い膝蓋骨と膝蓋靱帯の間にストレスがかかり発症

 

 

 

2)大腿四頭筋筋力低下にて運動軸が後方(背側)へ移動、伸展時の膝関節へ引っかかりや干渉痛

 

 

2019-09-20 08.42.56

 

 

1の場合、成長期に起こりやすいシンディング・ラーセン・ヨハンソン病に似ている、ただ大腿四頭筋過緊張にての問題点は年配者も確認出来る

 

 

 

 

2の場合、膝90度屈曲位にて膝蓋骨の高さより脛骨が低い場合(サギング兆候)大腿四頭筋の筋力低下、ハムストリングの過緊張、後十字靭帯損傷(既往)

 

 

 

 

今回の場合は2の徴候に当たる、大腿後面の弛緩を行い座位で荷重を掛けない大腿四頭筋の筋トレーニングを行い経過観察する


座位から診る重心の崩れ

2019-09-19 05.24.00-1

 

 

散歩から帰りお風呂場で足を洗う、そんな時「ねんね」と声を掛けて横にさせる

 

 

 

時には甘えてなかなか仕事が済んでも起き上がってくれない、可愛い仕草なので思わず親バカフォト

 

 

2019-09-19 06.24.19

 

 

そんな駄々っ子を留守番させて今日はスニーカーが朝活のお伴、久しぶりのジョグからのスタートである

 

 

 

久しぶりなので軽く4km程度の走り込みで終える、それでも大腿四頭筋に疲労感が漂うのだから驚いた、使わないと組織はすぐに劣化してしまう

 

 

2019-09-19 06.27.37 HDR-1

 

 

冷たく秋風を感じる空気の中、未熟故の重心移動を考えストライドを拡げずテンポ良く走る

 

 

 

気持ち良さもあるがこの重心移動を走り込み込みしていない分、すっかり忘れているので身体へ再教育したのだが・・・

 

 

 

 

 

 

 

|座位から見る重心の崩れ

 

 

重心と言えば静止状態でも崩れは痛みに関わる、昨日も慢性肩凝りと腰痛に悩まされご来院、そんな時スタティックパルぺーション(静的触診)で先ず概略を掴む

 

 

 

腹臥位や仰臥位でも行うが座位にて支持基底面をわざと不安定に行い、上半身重心や身体重心からの下半身重心の変化を観察

 

 

2019-09-19 08.02.47

 

 

つまり椅子に座った状態にて床と足底面や椅子と臀部の接触、および体重の圧掛り具合を確認すると右臀部に荷重して左は浮いていた(上図)

 

 

2019-09-18 18.26.09

※内側:半腱腰筋 外側:大腿二頭筋長頭 この2つがハムストリングの一部を担う、起始部が坐骨に付着で過緊張は骨盤後傾を助長

 

 

 

 

2019-09-18 18.28.08

 

 

今回の場合は足底も左側加重し対して上半身重心は右へ傾き相殺、加えて左腸骨が後傾している事から大腿二頭筋と半腱腰筋、そして大臀筋の過緊張を匂わせる、そして歩行時の仙腸関節の動きも阻害傾向

 

 

 

全体的に骨盤が後傾でもある事から多裂筋の弱化も疑われる(下図)、座位だけでもこれだけの事が分かるので必ず他の体位に移る前にカウンセリング中確認をしている

 

 

2019-09-18 18.26.55

 

 

今回もこれだけの要因では無い、しかしながら座位でも簡易的に診ながら情報量(入力)に於いて多い方が寄り早く解決へ導ける

 

 

 

常に心掛ける為の手段として取り入れているので書いた



記事カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

予約空き状況ツイート

ナビメニュー

整体院について

住 所:〒729-3103
広島県福山市新市町新市977-2
地 図:当院の場所
ご予約:0847-44-6245
受 付:9時〜19時
定休日:空き状況ツイート
◎日曜・祭日
◎詳しくはホームページへ
hhttp://yawaseitai.com/

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログ内を検索する

フィード